コンテンツにスキップする

金正恩氏が極超音速ミサイル試射を視察-「大成功」と国営メディア

  • 総書記の立ち会いは極超音速兵器に特に関心があることを示唆か
  • 最も重要な戦略的意義を持つ兵器の開発に成功-朝鮮中央通信

北朝鮮の国営メディアは12日、最高指導者の金正恩朝鮮労働党総書記が視察する中で極超音速ミサイルの発射実験が11日に行われたと伝えた。

  朝鮮中央通信(KCNA)によると、ミサイルから分離された極超音速グライダーが240キロメートル「旋回機動」し、海上に設定された1000キロメートル先の標的に命中した。「最も重要な戦略的意義を持つ極超音速兵器の開発で大成功を成し遂げた」としている。

  KCNAはさらに、極超音速グライダーの優れた機動能力が今回の試射を通じて一層著しく実証されたと伝えた。

北朝鮮は今年に入ってから弾道ミサイルと推定される飛翔体の試射を2回実施
Source: Bloomberg

  金総書記は開発に関わった科学者をねぎらい、国家の戦略的な軍事力を質量ともに強化する取り組みを一層加速させる必要性を強調した。

  11日のミサイル試射は今年に入って2回目。韓国軍合同参謀本部によると、弾道ミサイルと推定され、最高速度は音速の10倍前後だった。行き詰まり状態にある朝鮮半島の非核化協議に戻るよう求める呼び掛けを北朝鮮が無視し、ミサイル試射を繰り返していることで、米国などとの緊張はさらに高まっている。

北朝鮮から弾道ミサイル発射か、EEZ外に落下-今年2回目

The Firing Line

Ballistic missile tests under Kim Jong Un

Sources: South Korea Ministry of Defense and Center for Nonproliferation Studies

  北朝鮮は先週、5日実施の試射では弾頭部を意味するとみられる「極超音速滑空飛行戦闘部」がミサイルからの分離後に目標方向へ120キロを「側面機動」し、発射地点から700キロ離れた標的に命中したと主張。韓国に配備されている米国のミサイル迎撃システムをすり抜ける能力がある可能性を示唆している。

  カーネギー国際平和財団の核政策プログラムのシニアフェロー、アンキト・パンダ氏は、金総書記が試射に立ち会ったと国営メディアが伝えたことの意味は大きいと指摘。「このプログラムに特に関心があることを示唆している」とツイートした。

 

原題:Kim Jong Un Oversaw Latest North Korea Hypersonic Missile (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE