コンテンツにスキップする

中国、米国からの一部航空便乗り入れ禁止-コロナ感染拡大の予防強化

  • アメリカン航空やユナイテッド・エアラインズなど各社に影響
  • 米航空会社の業界団体は両国当局と協議中-混乱の影響を懸念

アメリカン航空グループとユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは中国航空当局から同国行きの一部航空便の乗り入れを禁止されたと明らかにした。これを受け、米主要航空会社が参加する業界団体エアラインズ・フォー・アメリカ(AFA)は米中の政府機関との協議を開始した。中国は新型コロナウイルス感染拡大への予防策を強化している。

  アメリカン航空の広報担当者は11日、少なくとも6便の乗り入れが禁止されたと語った。詳細は明らかにしなかった。ユナイテッドは1月後半の6日間に予定していたサンフランシスコ発上海行き便の運航を中止した。デルタ航空はコメントを控えた。

  ロイター通信によると、中国民用航空局(CAAC)は同国到着の乗客が新型コロナ検査で感染が判明したことを理由に米航空会社の22便を含め計60便の米中路線運航中止を命じた。

  AFAは声明で「米航空各社は混乱の影響を懸念しており、運航への打撃を引き続き精査している」とした上で、「旅客への影響を最小限に抑える方策を見つけるため、米中当局と協議している」と説明した。

原題:

China Blocks Some Flights From U.S. as Covid Cautions Rise (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE