コンテンツにスキップする

SMBC日興、資本市場部門グローバル責任者に和里田氏ら-連携加速

  • 世界各拠点の情報を集約するポジション「グローバル・ヘッド」新設
  • 和里田氏は現任のエクイティ・キャピタル・マーケット部長を兼任

三井住友フィナンシャルグループ傘下のSMBC日興証券が、グローバル・キャピタル・マーケット本部内で、世界各国拠点の連携加速に向け情報を集約するポジションである「グローバル・ヘッド」を新設、ジョナサン・アンダーソン氏と和里田義博氏の2人が就任したことが12日、分かった。

Financial Institutions in Japan As Libor Expiry Looms
SMBC日興証券のロゴ
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

  ブルームバーグが入手した社内メモによると、2人の就任は昨年12月15日付。グローバル・ヘッドは組織規定上の役職ではないため、アンダーソン氏は現任の米国拠点のデット・シンジケート部門責任者を、和里田氏はエクイティ・キャピタル・マーケット部長を、それぞれ兼任する。SMBC日興証広報担当の正木孝枝氏はメモの内容を確認した。

  メモによると、グローバル・ヘッドは、拠点をまたぐ業務連携を密にするための助言などを行うという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE