コンテンツにスキップする

ファーウェイが米国での特許取得で昨年5位に躍進、キヤノンは3位

  • ファーウェイの特許は2770件で5位、前年の9位から上げる
  • トップはIBMが堅守、サムスンとTSMCが2位と4位
A Huawei illuminated logo hangs above the Huawei Technologies Co. stand of the MWC Barcelona.

A Huawei illuminated logo hangs above the Huawei Technologies Co. stand of the MWC Barcelona.

Photographer: Angel Garcia/Bloomberg

中国の華為技術(ファーウェイ)は米国での特許取得件数で、昨年の順位をさらに上げたことが新たな調査で分かった。世界のイノベーションにおいて中国企業が占める割合は一段と拡大している。

  フェアビュー・リサーチのIFIクレームズ・パテント・サービシズによる調査によれば、ファーウェイが昨年取得した米国の特許は2770件で5位と、前年の9位からランキングを上げた。トップは変わらずIBMだった。

  ファーウェイの躍進は他社の特許取得件数が減少したことも寄与した。昨年のランキングではキヤノンが3位だったほか、サムスン電子と台湾積体電路製造(TSMC)が2位と4位だった。

Opening Day of MWC Barcelona 2021
ファーウェイのロゴ
Photographer: Angel Garcia/Bloomberg

 

原題:Huawei Ranks No. 5 in U.S. Patents in Sign of Chinese Growth

(抜粋)

 

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE