コンテンツにスキップする

フィリピン証取、オミクロン対応で取引時間を短縮-14日から

フィリピン証券取引所は14日から今月末まで株式の取引時間を半日に短縮する。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染急増に対応する。

  同証取のラモン・モンゾン社長は、プレオープンが現地時間午前9時、取引終了は午後1時になると勧告した。

原題:Philippines Moves Back to Half-Day Stock Trading as Virus Surges (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE