コンテンツにスキップする

ソフトバンクG中南米ファンド、コロンビアの電子商取引企業に出資

  • コロンビアのトゥルは資金調達ラウンドで1億8100万ドル調達
  • 企業価値は現時点で8億ドルと評価-関係者

建設資材に特化した電子商取引プラットフォーム、コロンビアのトゥルは、8VCが主導する資金調達ラウンドで1億8100万ドル(約210億円)を調達した。

  トゥルの最高経営責任者(CEO)で共同創業者のエンリケ・ビラマリン氏はインタビューで、アベニール・グロース・キャピタル、コーチュー、タイガー・グローバル、ソフトバンクグループの中南米ファンドも今回のラウンドに参加したと指摘。コロンビア・ボゴタに拠点を置くスタートアップ企業である同社は現時点で、企業価値が約8億ドルと評価されていると、事情に詳しい関係者1人が明らかにした。 

relates to ソフトバンクG中南米ファンド、コロンビアの電子商取引企業に出資
Enrique Villamarin
 

  ビラマリン氏は調達資金をブラジルなど新たな市場での拡大に充てると説明。2020年創業の同社は現在、コロンビアやエクアドル、メキシコで事業を展開している。

原題:

Colombian E-Commerce Startup Tul Nabs $800 Million Valuation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE