コンテンツにスキップする

米利上げ回数が株式相場に重要-ブラックロックのストラテジスト

  • 「米金融当局は少ない利上げ回数を示唆している」と言及
  • 実質金利は低い水準が続き、株価を下支えすると予想

ブラックロック・インベストメント・インスティテュートのストラテジストは、金利上昇が株式相場のマイナス材料になるとの市場の見方に同意せず、「これまでに比べて抑制された」合計の利上げ回数に注目している。

  ウェイ・リ氏らストラテジストはリポートで、「重要なことは米金融当局が少ない利上げ回数を示唆していることで、それは先週も変更なかった」と指摘した。

  ストラテジストは米金融当局が年内3回の利上げを示唆することを予想していなかったと認める一方、各国・地域の金融当局が引き締め的なレベルへの利上げでブレーキを踏むのではなく、緊急刺激策から離れるためアクセルから足を離すという基本シナリオを維持している。

  また実質金利は低い水準が続き、株価を下支えするとした上で、売り局面を利用してリスクを取るよう推奨。米国と欧州の株式を「オーバーウエート」としている。

原題:BlackRock Strategists Say What Matters Is Total Sum of Fed Hikes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE