コンテンツにスキップする

水際対策を2月末まで維持、自衛隊の大規模接種も-岸田首相

更新日時
岸田首相

岸田首相

Photographer: Yoshikazu Tsuno/Gamma-Rapho

岸田文雄首相は11日、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大に伴い、外国人の新規入国を原則禁止する現在の水際対策を2月末まで維持する方針を示した。

  ワクチン3回目接種の前倒しのため、自衛隊による大規模接種会場を設置する。高齢者に加え、3月以降は他の年齢層への接種ペースを早めるよう地方自治体に要請し、12歳未満の子供についても希望者への接種をできるだけ早く開始する。

  岸田首相は「G7(主要7カ国)で最も厳しい水際対策により、オミクロン株流入を最小限に抑えつつ、国内感染の増加に備える時間を確保できた」と話した。オミクロン株の感染力の強さによって、地域によって感染者数が急激に拡大する可能性があるとしつつ「重症化率が低い可能性も踏まえ、皆様には過度に恐れることなくマスク着用、手洗い、3密の回避、アルコール消毒の徹底など冷静な対応をお願いする」とも述べた。

(岸田首相の発言を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE