コンテンツにスキップする

中国政府が主要プロジェクト向け投資の加速促す、成長安定化に重点

  • 過剰な流動性回避し的絞った措置を-国営テレビが国務院会議を引用
  • 地方政府債発行で得た資金の早期プロジェクト投入を要請

中国は新たな下押し圧力にさらされている経済成長を安定させるため、主要プロジェクトへの投資を加速し、国内消費を押し上げる方針だ。国営の中国中央テレビ局(CCTV)が李克強首相主宰の国務院常務会議からの情報を引用して報じた。

  CCTVによると、国務院は第14次5カ年計画と省レベルの青写真の下、102の主要プロジェクトなどのより迅速な実施を呼び掛けた。その上で、成長の安定化に重点を置き、的を絞った措置を継続するとともに過剰な流動性が経済にもたらされるのを回避する政策を講じるべきだとしている。

  国務院はまた、昨年10-12月(第4四半期)の地方政府債1兆2000億元(約21兆7000億円)相当の発行で得た資金をできるだけ早期にプロジェクトに投入し、今年承認された新発債の起債も直ちに実施するよう求めたという。

  新型コロナウイルスの感染再拡大とロックダウン(都市封鎖)で、個人消費の低迷と住宅市場の危機によって既に打撃を受けた経済への逆風が強まりつつある。エコノミストの間では、中国人民銀行(中央銀行)が1-3月(第1四半期)に市中銀行に適用される預金準備率と政策金利を引き下げるとの予測が増えている。

原題:China Vows to Speed Up Investment in Effort to Stabilize Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE