コンテンツにスキップする

パウエル氏、インフレ高進の定着阻止へ-上院銀行委証言テキスト

更新日時
  • パンデミック後の経済は前回の拡大局面と違った様相となる可能性
  • 経済と力強い労働市場を支えるため金融当局として手段を活用する

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は11日に行う上院銀行委員会での指名承認公聴会で、金融当局としてインフレ高進が定着するのを阻止する方針を表明する。また、新型コロナウイルス禍後の経済は前回の拡大局面とは違った様相となるかもしれないと警戒を呼び掛ける。証言テキストが10日に事前に公表された。

  パウエル議長はその中で、「経済と力強い労働市場を支えるとともに、インフレ高進が定着するのを防ぐため、われわれは手段を活用する」と証言。「パンデミック(世界的大流行)後の経済は幾つかの点で異なる可能性を目にし始めるかもしれない。当局目標の追求に当たってはこうした相違を考慮する必要があるだろう」とした。

  バイデン大統領は昨年11月にパウエル議長の再任と、ブレイナードFRB理事のFRB副議長指名を発表した。13日に上院銀行委の指名承認公聴会で別途証言するブレイナード氏は、14日で辞任する意向を発表したクラリダ副議長の後任となる。

  このほかパウエル議長は証言テキストで、金融当局による過去4年間の金融監督・監視を称賛。即時決済への一般のアクセス改善の取り組みのほか、気候変動やサイバー攻撃など時間の経過と共に変化する脅威に重点を置き監視する動きの強化、金融安定を巡る分析と監視の拡大などを列挙した。

関連記事
Treasury Secretary Yellen And Fed Chair Powell Testify Before House Financial Committee On Pandemic Response
パウエルFRB議長
Photographer: Al Drago/Bloomberg
The Fed's New Dot Plot
 
 

原題:Powell Says Fed to Ensure Inflation Doesn’t Take Root in Economy(抜粋)

(最終段落に金融監督に関する発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE