コンテンツにスキップする

ノバルティス、新型コロナ治療薬候補の治験好結果-開発に本腰

  • 中規模治験で重症化リスクが78%低下、体内ウイルス量も減少
  • 186億円でモレキュラー・パートナーズからライセンス取得

スイスの医薬品メーカー、ノバルティスは10日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の治療薬候補である抗ウイルス薬の中規模治験で患者の症状悪化リスク低減が認められたことから開発・製造・販売に向け提携企業からライセンスを取得すると発表した。

  同社の発表によると、407人が参加した抗ウイルス薬「ensovibep」の治験で救急治療や入院、死亡に至るリスクは78%低下した。また服用後8日間に体内のウイルス量が減少するかどうかという重要な基準もクリアした。

  ノバルティスは提携しているスイスのバイオ医薬品会社モレキュラー・パートナーズからライセンスを取得するオプションを行使すると発表。ノバルティスは1億5000万スイス・フラン(約186億円)を支払い、同抗ウイルス薬の開発・製造・販売の権利を得る。

  ensovibepが承認されれば新型コロナウイルスのスパイクタンパク質を複数の方法で標的にする初の治療薬となり、既存および将来の変異株に対し他の治療薬を上回る効果を発揮する可能性がある。

  10日のスイス株式市場でモレキュラー・パートナーズの株価は23%高、ノバルティスは0.8%高となった。

原題:Novartis Pushes Forward With Covid Drug After Positive Trial (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE