コンテンツにスキップする

ミャンマー裁判所、スー・チー氏に再び有罪判決-禁錮4年

Aung San Suu Kyi
Aung San Suu Kyi Photographer: THET AUNG/Getty Images

軍事政権下にあるミャンマーでは10日、首都ネピドーで特別法廷が開かれ、民主化指導者アウン・サン・スー・チー氏(76)に禁錮4年の有罪判決を言い渡した。昨年2月に国軍が権力を握って以来、同氏に対する有罪判決はこれで2度目となる。

  軍事政権の報道官によれば、スー・チー氏は無認可の無線機を違法に輸入・所有したほか、2020年の選挙運動期間中に新型コロナウイルス対策に伴う制限措置に違反したと判断された。

  スー・チー氏は昨年12月にも同じ特別法廷で、軍に対する反対行動をあおったことやコロナ規制違反で有罪となり、禁錮4年の刑が下った。その後恩赦により2年に減刑された。

  同報道官は、前回のような恩赦を与えるかどうかは決まっておらず、人道的な配慮に基づく恩赦はあるかもしれないと述べた。

原題:Myanmar Court Sentences Suu Kyi to Four More Years in Prison(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE