コンテンツにスキップする

クレディS株が上昇、売却・合併検討の可能性との「うわさ」浮上

  • IPが「うわさ」を報道、株価は一時2%上昇し11月18日以来の高値
  • 合併先候補にイタリアのウニクレディト、仏BNPも関心か

10日の株式市場でスイスの銀行、クレディ・スイス・グループの株価が上昇。一時2%上昇し、11月18日以来の高値をつけた。アントニオ・ホルタオソリオ会長が同行の売却、もしくはイタリアの銀行との合併を狙っている可能性があるとの報道が手掛かりになった。

  スイスのニュースサイト、インサイド・パラデプラッツ(IP)が裏付けのない「うわさ」として報じたところによれば、合併先の候補の一つにイタリアのウニクレディトが挙がっている。フランスのBNPパリバも関心を示す可能性があるという。

  クレディ・スイスはブルームバーグ・ニュースに対しコメントを避けた。ウニクレディトに電話をかけたが、直ちにはコメントは得られなかった。ブルームバーグ・ニュースはBNPにもコメントを求めたが、今のところ返答は得られていない。

原題:Credit Suisse Up Amid Report on Possible M&A With Italian Bank

Credit Suisse Sale or Merger ‘Rumored’: Inside Paradeplatz (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE