コンテンツにスキップする
Photographer: Billy H.C. Kwok/Bloomberg
Cojp

TSMC、10-12月の売上高は過去最高-6四半期連続で記録更新

  • 需要なお強く、10-12月売上高は4382億台湾ドル-市場予想上回る
  • ゴールドマンは22年売上高を26%増と予想、株価目標引き上げ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

半導体ファウンドリー(受託生産)で世界一の台湾積体電路製造(TSMC)の四半期売上高は6四半期連続で過去最高を記録した。米アップルなど顧客企業からの旺盛な半導体需要が続き、同社の売上高を押し上げている。

  TSMCが10日発表した月次データによると、10-12月(第4四半期)の売上高は21%増の4382億台湾ドル(約1兆8300億円)に増えた。市場予想のコンセンサスは4362億台湾ドルだった。

  ゴールドマン・サックスはTSMCの2022年売上高を前年比26%増と見込む。株価目標は1035台湾ドルと、これまでの1028台湾ドルから引き上げた。 

The Wait For Chips

Lead times up yet again in December

Source: Susquehanna Financial Group

Note: Chart based on revised calculation method

関連記事
TSMC :12月売上高1553.8億台湾ドル-前年同期1173.7億台湾ドル
半導体不足続く、昨年12月にリードタイムがさらに長期化

原題:TSMC Sales Set Sixth Quarterly Record on Elevated Chip Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE