コンテンツにスキップする

米がロシア向け高度技術の輸出規制検討、電子機器や工作機械-関係者

更新日時
  • キューバやイラン、北朝鮮、シリア並みの厳しい輸出管理の可能性も
  • 今週の協議では確約を見合わせ同盟国と事前に話し合う予定と米高官

バイデン米政権と同盟国は、ロシアがプーチン政権の下でウクライナへの軍事的攻勢に出る場合、高精度技術や電子機器への制限を含む厳しい輸出規制をロシアに課す可能性を検討している。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  米政権は今週のロシアとの協議を前にレトリックを強化しており、ロシアの軍事および民間セクター、技術的野心に打撃を与えるため、米国の技術分野での優位を活用することを目指すシナリオが想定される。

  関係者によれば、航空電子機器や工作機械からスマートフォン、ゲーム機、タブレット、テレビにまで影響が広がりかねず、ロシアをキューバやイラン、北朝鮮、シリア並みの厳しい輸出管理下に置くことも考えられるという。

  一方、米政府高官の1人は8日、ウクライナ情勢の緊張緩和に向けロシアと今週行う協議について、バイデン政権としては確約を見合わせ、いかなる合意も同盟国と事前に話し合う予定だと説明した。

  ブリンケン米国務長官や政権当局者の最近の発言は、ジュネーブでロシアとの高官協議を開始するに当たり大幅な譲歩はしないという米国側の姿勢を一層示唆するものだ。

  ロシアのリャプコフ外務次官はインタファクス通信とのインタビューで、ロシアは米国との協議を楽観していないと述べ、北大西洋条約機構(NATO)東方不拡大の安全保障を求める立場をあらためて示した。 

原題:U.S. Mulls Technology Restrictions on Russia to Stymie Putin (2)(抜粋)

(輸出規制の詳細について追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE