コンテンツにスキップする

中国で初のオミクロン株市中感染報告、天津市で大規模検査開始-報道

中国では9日、天津市で新型コロナウイルスのオミクロン変異株の市中感染が初めて報告され、同市では大規模検査が開始される。

  国営中央テレビ(CCTV)が同日伝えたところによると、天津市での2件の感染例について、地元でのゲノム解析終了後、中国疾病対策予防センター(CDC)がオミクロン株であることを確認した。 

  感染者2人のうち1人は子供で、ともに過去2週間に天津市を離れていない。同市はこの2例について8日遅くに発表していた。

  国営の新華社通信によると、「オミクロン株の一段の感染拡大を効果的に回避するため」、天津市は9日午前7時(日本時間同8時)から大規模な検査を開始すると発表した。 

原題:China Reports Nation’s First Community Spread of Omicron (1)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE