コンテンツにスキップする

岸田首相:水際対策延長は連休明けに判断、コロナ感染-報道

岸田首相

岸田首相

Photographer: Yoshikazu Tsuno/Gamma-Rapho

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、岸田文雄首相は9日、フジテレビの番組で、外国人の新規入国を原則禁止している水際対策延長については連休明けに判断すると語った。

  岸田首相は拡大するオミクロン変異株の実態がまだ完全には把握されていないため、慎重な対応が必要との考えを示した。沖縄県での感染拡大の対応については、日米で在日米軍外出は必要不可欠以外は認めない方針で基本的に一致し、調整中にあるとした。

  また、9日から1月末まで沖縄・広島・山口の3県で適用される「まん延防止等重点措置」の効果については、判断基準を昨年11月に従来の新規感染者数から病床稼働率に焦点を当てた「レベル分類」に変更しているとした上で、柔軟性をもちながら現実をみて適切な措置の運用を考えていくことが重要だと理解を求めた。

広島・山口・沖縄にまん延防止措置へ、1月末まで-首相が方針

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE