コンテンツにスキップする

【新型コロナ】豪で新規感染10万人超-ワクチン未接種社員を解雇

更新日時
  • 豪ビクトリア州の新規感染5万1356人に急増-NSW州は4万5098人
  • バイデン米大統領、コロナ感染の急増は「ニューノーマル」にならず
A healthcare worker administers a third dose of the Moderna Covid-19 vaccine at the CareNow Denver University urgent care center.

A healthcare worker administers a third dose of the Moderna Covid-19 vaccine at the CareNow Denver University urgent care center.

Photographer: Daniel Brenner/Bloomberg

オーストラリアで8日報告された1日当たりの新型コロナウイルス新規感染者が11万6024人に上り、初めて10万人を突破した。迅速検査の結果も含むことにしたビクトリア州では5万1356人と前日から2倍余りとなる一方、ニューサウスウェールズ(NSW)州では4万5098人に増えた。

  豪国内では急速に拡大するオミクロン変異株によって医療体制が逼迫(ひっぱく)しており、一部の制限措置が再び導入された。

  インド保健省はコロナの新規感染が2日連続で10万人を上回ったことを明らかにした。これは昨年6月並みの水準。

  バイデン米大統領は7日、コロナ感染急増は「ニューノーマル」にはならないものの、同ウイルスはとどまる公算が大きく、新たに開発された手段で管理することが可能だと指摘した。ホワイトハウスで記者団に述べた。

President Biden Delivers Remarks On December 2021 Jobs Report
バイデン米大統領(1月7日)
Source: SIPA USA

  米シティグループは新型コロナウイルスワクチンの接種義務化を拒否する従業員について、雇用を打ち切る方針を示した。オフィス勤務の従業員に対し、今月14日までにワクチンを接種するよう求めており、従わない場合は無給休暇扱いとなる。ブルームバーグが確認した従業員向け文書によれば、ワクチンを接種しない従業員は月末で雇用が終了する。

  ニューヨーク州のホークル知事は、全米に先駆けて医療分野の労働者にワクチンのブースター(追加免疫)接種を義務付けることを明らかにした。

  米連邦最高裁判所のロバーツ長官は、バイデン政権が多面的に展開するワクチン推進政策に極めて懐疑的な見解を示した。ロバーツ長官は政策には議会の意見が反映されるべきだと述べ、主に州が責務を負うべきだと指摘した。

  南アフリカではオミクロン変異株の感染拡大が「前例のない速さ」で進んだものの、その症状は従来株に比べはるかに軽症で済んでいる。プレトリアのスティーブ・ビコ学術病院の患者データを分析した研究者らは、パンデミック(世界的大流行)が終わりに向かっていることを示唆するかもしれないとの見解を示した。

  オミクロン変異株の感染が拡大している米国では、各地の病院が患者の治療に必要な人員の確保に追われている。経済全体で労働需要が旺盛な状況にある中、コロナ感染で病欠になった医師や看護師、サポートスタッフの代替要員を見つけるのが難しくなっている。結果的に賃金は急騰。コンサルティング会社カウフマン・ホールのデータによると、11月の各病院の患者1人当たりの人件費は、2年前のコロナ禍前水準を26%上回った。

  モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は、2度目のブースター(追加免疫)接種が秋に必要になるとの見方を示した。1月中または昨年10-12月に接種されたブースターは、北半球の春まで恐らく効果が持つだろうとも述べた。

  ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は3億260万人を上回り、死者数は約548万人に上った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計93億9000万回を超えた。

relates to 【新型コロナ】豪で新規感染10万人超-ワクチン未接種社員を解雇
 
 

原題:Australian Cases Jump; Hong Kong Quarantine Order: Virus Update(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE