コンテンツにスキップする

ワクチンか検査か、2択を迫る米政府規制に最高裁長官が懐疑的な見解

John Roberts, chief justice of the U.S. Supreme Court, stands ahead of a State of the Union address to a joint session of Congress at the U.S. Capitol in Washington, D.C., U.S., on Tuesday, Feb. 4, 2020. 

John Roberts, chief justice of the U.S. Supreme Court, stands ahead of a State of the Union address to a joint session of Congress at the U.S. Capitol in Washington, D.C., U.S., on Tuesday, Feb. 4, 2020. 

Photographer: Leah Millis/Reuters

米連邦最高裁判所のロバーツ長官は、バイデン政権が多面的に展開する新型コロナウイルス・ワクチン推進政策に極めて懐疑的な見解を示した。

  ロバーツ長官は政策には議会の意見が反映されるべきだと述べ、主に州が責務を負うべきだと指摘した。

  米政府は一定規模以上の民間企業にワクチン接種ないし検査を義務化する新たな規則を発令すると、昨年明らかにしている。オミクロン変異株が前例のない急速な感染拡大を見せるなか、ワクチン推進計画の柱と位置づけている。

米シティ、ワクチン接種義務を拒否する従業員を今月で解雇へ

バイデン政権が連邦職員のワクチン接種義務化、一部企業にも順守義務

大半の大手ヘッジファンドがワクチン接種義務化-オフィス復帰に向け

 

原題:Biden’s Shot-or-Test Rule Questioned by Skeptical Chief Justice(抜粋)

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE