コンテンツにスキップする

オミクロン変異株の流行、パンデミックの終わりを示唆-南ア研究

  • 感染拡大は「前例のない速さ」、症状はるかに軽度-南ア調査
  • 死亡は全入院患者の4.5%、これまでの21%を大幅に下回る
A technician  works inside a fume cabinet in Covid-19 research laboratory at the African Health Research Institute in South Africa.

A technician  works inside a fume cabinet in Covid-19 research laboratory at the African Health Research Institute in South Africa.

Photographer: Waldo Swiegers/Bloomberg

南アフリカでは、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大が「前例のない速さ」で進んだものの、その症状は従来株に比べはるかに軽症で済んでいる。同国の大規模病院の患者を対象に行った調査で明らかになった。

  首都プレトリアのスティーブ・ビコ学術病院の患者データを分析した研究者らは、パンデミック(世界的大流行)が終わりに向かっていることを示唆するかもしれないとの見解を示した。南アはオミクロン変異株の大規模な流行が初めて記録された国で、今後の世界の感染動向を占う上で注目されている。

  「このパターンが続き、世界でも繰り返されるなら、感染率と死亡率の完全なデカップリングが起こる公算が大きい」と研究者らは指摘。これは「新型コロナが世界的な流行期を終え、エンデミック(地域的流行)段階に入る先触れ」の役目をオミクロンが果たす可能性を意味すると続けた。

  南アフリカ医療研究評議会のウェブサイトに掲載された調査結果によると、オミクロン株流行期での死亡は全入院患者の4.5%にすぎず、これまでの21%を大きく下回る。集中治療室(ICU)への入院も少なく、入院期間も「大幅に短い」という。

原題:

Omicron May Mark End of Pandemic, South African Researchers Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE