コンテンツにスキップする

米シティ、ワクチン接種義務を拒否する従業員を今月で解雇へ

更新日時
  • 他の金融機関に先駆けて厳しい対応-従業員の90%超は接種義務守る
  • 一部州知事はワクチン義務化反対、多くの拠点を持つシティには難題
An empty plaza in front of Citigroup headquarters in New York.
An empty plaza in front of Citigroup headquarters in New York. Photographer: Amir Hamja/Bloomberg

シティグループは、新型コロナウイルスワクチンの接種義務化を拒否する従業員については雇用を打ち切る方針を示した。他の大手金融機関に先駆けて厳しい対応を取る。

  シティはオフィス勤務の従業員に対し、今月14日までにワクチンを接種するよう求めており、従わない場合は無給休暇扱いとなる。ブルームバーグが確認した従業員向け文書によれば、ワクチンを接種しない従業員は月末で雇用が終了する。

  関係者によると、同行の米国内コロナ規定には従業員の90%余りが従っている。関係者は非公開情報だとして匿名を条件に語った。

  ニューヨーク在勤の同行広報担当者も90%超の従業員が規定に従っていることを確認し、この比率は急上昇していると述べたが、それ以上についてはコメントを避けた。

  ワクチン接種を厳しく求める動きは、多くの拠点を持つシティにとって容易ではない。各地域によって新型コロナ対策のルールや政治的見解は異なっており、フロリダやテキサスなどの州知事はワクチン接種の義務化には反対の考えだ。

  支店勤務の従業員には別の接種スケジュールを定めているが、最終的に義務に従う必要があるのは同じだ。

citibank citi
ニューヨークにあるシティの支店
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

 

原題:Citigroup Confronts Vaccine Holdouts in No Jab, No Job Mandate(抜粋)

(第3段落以降を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE