コンテンツにスキップする

マクドナルド、ポテトM・Lサイズを再び販売休止-9日から約1カ月

更新日時

日本マクドナルドホールディングスは、「マックフライポテト」のM、Lサイズの販売を一時休止すると7日に発表した。同社は、ポテトの一時販売休止を2021年12月31日に再開したばかり。

  今回の販売休止は、9日から1カ月程度を予定しており、前回と同様に全国約2900の店舗を対象に、Sサイズのみの販売に制限する。同社は、新たな流通経路の手配など安定供給に向けた対応を進めているが、当面の在庫を確保するために再度販売休止を実施する。

Markets Crowded with the Year-end Shoppers
「マックフライポテト」のSサイズ
Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg

  輸入遅延が続いているうえ、カナダ・バンクーバーで貨物の滞留や雪の影響による混乱、航路上での悪天候などもあり、予定していた船便の到着がさらに遅れているという。

  21年12月31日には、一時販売休止や一部航空便手配などの代替対応により通常販売が可能となるめどが立ったとし、M、Lサイズの販売を再開していた。

フライドポテト不足に救世主、米物流会社がジャンボ3機で緊急空輸

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE