コンテンツにスキップする

北京市、22年は5%以上の成長目指す-中国成長率目標の手掛かり

  • 「安定性が最優先課題」と北京市政府-19年成長率は6.1%だった
  • 中国は5%を成長率目標の下限として設定へ-エコノミスト予想

中国の地方政府が2022年の経済運営方針を示し始めた。中央政府の成長率目標を探る手掛かりとなる。

  北京市は地元経済の成長率を「5%以上」、河南省は「7%」とする目標をウェブサイトに6日掲載した報告案で示した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まる前の19年成長率は北京市が6.1%、河南省が7%だった。

Lower Target

A 5% target would be below pre-pandemic growth rates

Source: National Bureau of Statistics, government statements, economist survey

  北京市政府は「安定性が最優先課題」だとし、中国指導部が最近発しているコメントを踏襲した。

  中国は通常、3月に開催される全国人民代表大会(全人代)でGDPの年間成長率目標を発表する。中央政府は安定化の必要性を踏まえ不動産セクターを抑制する政策のバランスを取ろうとしており、エコノミストらは中国指導部が5%を成長率目標の下限として設定すると見込んでいる。

原題:China’s Local Governments Give Early Hints of 2022 GDP Target (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE