コンテンツにスキップする

7&iHD、北京現地法人が当局から罰金270万円-地図の表記を巡り

7&iホールディングス(HD)は7日、中国の北京市当局が同社傘下のセブン-イレブン北京に対して、15万元(約270万円)の罰金を命じたと明らかにした。同社広報担当者がブルームバーグ・ニュースの電話取材に対して述べた。

  • 中国の同社公式サイト上で、許可されていない地図を掲載したことが理由
  • 備考:中国政府系サイトによると、2021年12月21日に罰金を命じられた
    • 南シナ海の島しょや釣魚島(日本語名:尖閣諸島)の記載の漏れ、台湾を独立した国家として表示
    • 地図を中国のサイトに掲載する場合、中国から許可されたものを使用する必要がある
  • 同様の事例は北京以外では起きていない
  • すでに対応済みで、「真摯(しんし)に受け止め、再発防止を徹底します」と広報担当者
  • 北京市当局から罰金を命じられたことは、日本経済新聞電子版が6日時点に報じていた
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE