コンテンツにスキップする

東京都で922人のコロナ感染、昨年9月来の900人超-会食制限強化

更新日時
  • 飲食店への入店案内は4人以内に、期間11日~31日
  • 沖縄・広島・山口の3県、1月末までまん延防止等重点措置を適用

東京都は7日、922人(前日は641人)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。900人を超えるのは昨年9月15日(1058人)以来。足元のオミクロン株の急速な拡大に伴う緊急措置として、都は飲食店における人数制限の強化を決定した。

  発表によると、感染者の直近7日移動平均は338.6人(前日は218.0人)で、前週比623.6%(同447.6%)となった。

  都は夕方開催した新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、現在の1グループ8人以内としている都認証の飲食店への入店案内を4人以内にすることを決めた。また、スポーツ施設や図書館、都立公園などを除く都立施設は原則休館とする。期間は11日から31日まで。

  小池百合子知事は、「オミクロン株によって現在の感染拡大はかつてないスピードとなっている」と指摘。感染者数の急速な増加を放置すれば「医療提供体制のひっ迫につながることは明白で、社会活動の基盤すら揺らぎかねない」と述べ、危機感の共有を事業者や都民に呼び掛けた。

  感染力が強いとされるオミクロン株への置き換わりが進みつつある中、沖縄県では7日の新規感染者数が1400人を超え過去最高を更新。政府は1月末まで沖縄・広島・山口の3県に「まん延防止等重点措置」の適用を決定した。

東京都のコロナ新規感染者数

出所:東京都

関連記事
(都のコロナ対策強化に関する情報を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE