コンテンツにスキップする

テニスのジョコビッチ選手、豪州が入国拒否-ワクチン免除認めず

  • 弁護士が異議申し立て、ジョコビッチ選手は入管施設で待機
  • 「特例はない。ルールはルールだ」-モリソン豪首相

全豪オープンテニス出場のためオーストラリアに到着したノバク・ジョコビッチ選手が入国を拒否された問題で、同選手の弁護士らは、入国拒否の決定に法的異議を申し立てた。

  オーストラリア国境警備隊(ABF)は6日、現在の新型コロナウイルス対策の規則に基づき、ジョコビッチ選手が提示した入国のための証明は不十分と判断したと説明した。同選手は全豪オープンが開催されるビクトリア州から医学的理由によるコロナワクチン接種の免除を認められたが、当局者がメルボルン空港で選手本人に数時間にわたり説明を求めた上で、連邦政府が州政府の決定を覆した。

  ABFは声明で、ジョコビッチ選手が「入国要件を満たす適切な証拠を提出できない」ことが確認されたとし、同選手のビザ(査証)が取り消されたと発表。「入国時に有効なビザを保持していない、もしくはビザが取り消された外国人は国外退去となる」と説明した。

  AP通信が6日報じたところによれば、裁判所はジョコビッチ選手のビザ取消に対する異議申し立てについて、10日朝まで審理を一時中断すると決定。その間、同選手は引き続きオーストラリア国内の入管施設のホテルにとどまる。

  ジョコビッチ選手はこれまで全豪オープンで9回優勝している。今回は全豪4連覇と、四大大会で歴代単独最多となる21勝目が懸かっている。

 

  

モリソン豪首相は5日、全豪オープン出場のため豪州に到着したジョコビッチ選手について入国時の「特別ルールはない」と述べた
出典:ブルームバーグ

 

 

  モリソン豪首相は首都キャンベラで「特例はない。ルールはルールだ」と述べ、「2度のワクチン接種を受けておらず、オーストラリア国民もしくは在住者でない場合、入国はできない」と続けた。

  ジョコビッチ選手は以前、ワクチン接種が義務化されることを批判していた。

  豪州は先にジョコビッチ選手ら数人の全豪オープン参加予定者に対しワクチン接種免除を認めるとしていたが、17日から全豪オープンが始まるメルボルンでは市民の間で同選手の接種免除に批判が広がっていた。

  ジョコビッチ選手の母国セルビアのブチッチ大統領は6日、ベオグラードで記者団に対し、同選手は「悪名高き」ホテルから練習ができるような借り上げ住宅に移動する必要があると、豪州の対応に怒りをあらわにした。

原題:Djokovic Waits in Hotel as Lawyers Fight Australian Deportation(抜粋)

(全体的に書き換えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE