コンテンツにスキップする

トランプ氏関連銘柄上昇、「トゥルース・ソーシャル」アプリ始動控え

  • トランプ氏ソーシャルメディアは2月21日から利用可能の見込み
  • SPACのデジタル・ワールド・アクイジションの株価が20%高

トランプ前米大統領のメディア企業の株式公開を目指す特別買収目的会社(SPAC)の株価が6日、他のトランプ氏関連銘柄とともに上昇した。同氏のソーシャルメディアアプリの始動が近いとの情報が手掛かり。

  アップルのアップストアに掲載された情報によると、トランプ氏のアプリ「トゥルース・ソーシャル」は2月21日から利用可能になる見込み。この情報がチャットルームやソーシャルメディアで拡散したことで、トランプ・メディア・アンド・テクノロジー・グループとの合併が予定されるSPAC、デジタル・ワールド・アクイジション(DWAC)の株価が20%上昇した。

SPAC set to take Trump's media company public rallies on Truth Social update
 
 

  ランブルの株式公開を目指すSPAC、CFアクイジションVIの株価も4営業日続伸。一時4.1%高となった。ランブルとトランプ・メディアは、ランブルがトゥルース・ソーシャル向けに動画などを配信するためのテクノロジーとクラウドサービスの合意に署名している。

関連記事

トランプ氏企業のSPAC合併取引、ウォーレン議員がSEC調査要求

トランプ氏、新会社設立でソーシャルメディア上のプレゼンス回復へ

トランプ氏の計画知り即座にSPAC株処分、ヘッジファンドのサバ

 

原題:

Trump-Linked Stocks Rally With Truth Social App Debut on Horizon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE