コンテンツにスキップする
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg
Cojp

米北東部に雪予報、ニューヨーク市で最大13センチも-7日朝にピーク

米ニューヨーク市ではこの冬初めて本格的な雪に見舞われそうだ。7日午前までに最大5インチ(約13センチメートル)の積雪が見込まれており、朝の通勤・通学に影響が出る恐れがある。

  米気象庁(NWS)によれば、コネティカット州南部やニューヨーク州ロングアイランド、ニュージャージー州北部にかけての広い範囲に冬季気象注意報が発令されている。雪は米東部時間6日夜遅くからちらつき始め、7日午前1時までに本降りになると見込まれている。短期の予報モデルによれば7日の通勤・通学時間帯にピークとなり、1時間当たり1インチを超える降雪になる見通し。

  ボストンでは最大8インチの積雪が予想されており、公立学校は7日休校となる。

原題:NYC Snowstorm Threatens to Snarl Friday Morning Commute  (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE