コンテンツにスキップする

トランプ氏に同調の共和党議員、ローブ氏が強く非難-議会襲撃1年で

かつて米共和党のストラテジストを長く務めたカール・ローブ氏が、2020年大統領選と昨年1月の連邦議会議事堂襲撃事件でトランプ前大統領の主張に同調した同党議員らを痛烈に批判し、政治的な利害よりも愛国心を優先するよう求めた。

  ローブ氏は議事堂襲撃事件から1年となった6日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)に寄稿。この中で共和党議員らに対し、トランプ氏が勝利した16年大統領選後に民主党支持者が選挙の不正を主張して議事堂に乱入し、警官を負傷させ、共和党首脳を暴力で脅して選挙結果認定の法的手続きを阻止しようとしたら、どう対応するかと問い掛けた。

Karl Rove GETTY sub
カール・ローブ氏
Source: Getty Images North America

  同氏は、共和党員ならそうした行動を単なる「抗議」として受け入れず、暴徒を「愛国者」と呼んだり選挙結果を変えようとする試みを正当化したりすることを許さないだろうと指摘。

  「自分は生涯を通じて共和党員であり、共和党が数十年にわたって体現してきたものを信じている」とし、「民主主義を覆す試みを計画し、後押しし、支援した人々を許したりすることは全くできない。国を愛するとは、そういうことだ。それが本物の愛国心だ」と論じた。

  ローブ氏はブッシュ(子)政権下で共和党の要職に上り詰め、テキサス州を同党の強固な地盤に変えたことで評価されている。

原題:

Karl Rove Blasts Republicans Who Back Trump’s False 2020 Claims(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE