コンテンツにスキップする

リビアン株急落、上場来の安値-EV市場で競争激化の観測高まる

更新日時
  • アマゾンがステランティスと配送用EV購入で合意との発表響く
  • リビアン株、3%安で終了-一時17%下落、IPO価格割り込む

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

6日の米株式市場で、米電気自動車(EV)メーカーのリビアン・オートモーティブが急落。EV市場で競争が激化するとの観測を背景に、昨年11月の上場以来の安値で取引を終えた。リビアンにはアマゾン・ドット・コムが出資している。

  リビアン株は一時、新規株式公開(IPO)価格(78ドル)を割り込んだ。前日も株価が急落。アマゾンが欧州自動車メーカーのステランティスと配送用の電動バン購入などで合意したと発表し、リビアンにとって脅威になると受け止められた。

  アマゾンはリビアンとの協力に変化はないとしているものの、リビアンはアマゾン向けに電動配送バンの生産を計画しており、今後のアマゾンからの受注を巡り競争が激化する可能性がある。

アマゾンとステランティス、配送用EVで協力-リビアン株急落 (1)

  リビアン株は3%安の87.33ドルで終了。一時17%安の75.13ドルに落ち込んでいた。

原題:Rivian Closes at Lowest Since IPO as EV Competition Mounts (2)(抜粋)

(終値に差し替え、説明を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE