コンテンツにスキップする

本土の投資家さえ見放す、香港上場テクノロジー株-18年以来の売り越し

テクノロジー株は今週、世界で売りを浴びているが、香港上場のテクノロジー銘柄はそれ以前から既に打撃を受けていた。主要プレーヤーである中国本土の投資家が香港市場から資金を引き揚げていることが一因だ。

  取引所データを基にブルームバーグが算出したところによれば、本土の投資家は2021年下期に香港上場株を売り越した。これは18年以降で初めて。売りが目立ったのは、中国企業のテンセント・ホールディングス(騰訊)や美団などのテクノロジー関連銘柄で、この2社が本土の投資家にこれほど敬遠されたのは過去に例がない。

  中国当局がテクノロジーセクターの取り締まりを強化したことや、一段の景気減速を背景に、本土投資家は香港上場株売りを加速させた。

Tech Selloffs

Mainland investors sold Tencent, Meituan most among H.K. stocks in 2H

Source: Bloomberg

原題:Even Mainland Traders Are Dumping China Mega Caps: Tech Watch(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE