コンテンツにスキップする

東芝、3Dの要求への対応「慎重に検討している」

Toshiba Headquarters As Probe Finds Ethical Lapse of Executives
Photographer: Soichiro Koriyama/Bloomberg

東芝は、株主の3Dインベストメント・バリュー・マスター・ファンドから受けた要求への対応を「慎重に検討している」と発表した。

  3Dは書面で臨時株主総会の招集を求めたが、要求には「異例の内容」が含まれていると東芝側は説明した。

  3Dが株主総会の議題として行った提案の一つは定款の部分的修正だが、3Dは自らの提案に反対票を投じる意向を表明しているという。

東芝の大株主3Dが臨時株主総会を要求、3社分割阻止目指す

原題:

Toshiba Says ‘Carefully Considering’ Its Response to 3D’s Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE