コンテンツにスキップする

米国とリトアニア、中国の「経済的抑圧」への対抗で協力

  • 米国とEUは国際的に守る必要のある中核的な価値観と原則を共有
  • 中国は「台湾代表処」の開設を認めたリトアニアを批判

米国とリトアニアは5日、中国の「経済的抑圧」に対抗するため協力することで合意した。

  米通商代表部(USTR)のタイ代表はリトアニアのランズベルギス外相との電話会談で、リトアニアの「台湾代表処」受け入れに反発している中国への対応を協議し、米政府はリトアニアを支持していると伝えた。

「台湾」の呼称用いた代表部、リトアニアに開設へ-米国が支持

  バルト3国の一角を占めるリトアニアは欧州連合(EU)加盟国。タイ代表とランズベルギス外相は「民主的な市場経済」を持つ米国とEUは「国際的に守る必要のある多くの中核的な価値観と原則を共有している」とも指摘した。

  台湾代表処開設を「一つの中国」の原則に反する動きと見なす中国は、リトアニアとの外交関係を格下げした。中国はリトアニアの輸出を妨害しているとの報道は否定しているが、リトアニアの貿易にも影響が及んでいる。EUはこの問題を世界貿易機関(WTO)のオコンジョイウェアラ事務局長に提起した。

  台湾は5日、中国による経済的圧力に対処するとし、対リトアニア投資などで2億ドル(約230億円)の基金を設けると表明。台湾総統府のグラス・ユタカ報道官は「いじめに立ち向かう方法は、あきらめることではなく、協力することだ」とツイートした。

  中国外務省の汪文斌報道官は北京で6日開いた定例記者会見で、リトアニア支援の基金を巡り台湾を批判。その上で「米国は『一つの中国、一つの台湾』をつくろうとするリトアニアの間違った行為を繰り返し支援、扇動している」と主張した。

関連記事:

 

原題:Foreign Diplomats Helped Lithuania Evacuate Staff From China (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE