コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(1月6日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日経平均800円超える下落、金利上昇で成長株売り-国内感染拡大重し

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は大幅に反落。日経平均の終値は800円を超える大幅安となり、下落率は2.9%と昨年6月21日以来の大きさになった。日米で長期金利が上昇し、リクルートホールディングスやキーエンスといった成長株が値を崩した。国内で新型コロナウイルスの感染が拡大している懸念も重なり、売りが広がった。東証1部上場銘柄のうち約92%が下落し、ほぼ全面安となった。

  • TOPIXは前日比42.26ポイント(2.1%)安の1997.01
  • 日経平均株価は844円29銭(2.9%)安の2万8487円87銭

インベスコ・アセット・マネジメントの木下智夫グローバル・マーケット・ストラテジスト

  • 金利上昇の環境の中で、情報技術やテクノロジー関連銘柄には売りが出やすいという傾向があり、グローバルな流れの中で負の影響が出やすい
  • FOMC議事要旨は量的引き締めについてかなり議論され、前回よりも早くバランスシート縮小を目指すことが明確になり影響している。日本株にとって米金利上昇は世界で事業活動を行っている企業にとって金利コスト上昇につながりやすくマイナスになる

東証33業種

上昇率上位保険、鉄鋼
下落率上位精密機器、サービス、電機、空運、金属製品、陸運

●長期金利が9カ月ぶり高水準、タカ派のFOMC議事要旨受け売り優勢

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は下落。長期金利は0.115%と9カ月ぶりの水準まで上昇した。前日発表された昨年12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で、早期の利上げやバランスシート縮小に前向きな姿勢が示されたことを受けて、米長期金利が上昇したことが背景。

 
  • 新発10年債利回りは前日比2ベーシスポイント(bp)高い0.115%と昨年4月6日以来の高水準
  • 新発20年債利回りは2bp高い0.505%と昨年3月19日以来の高水準
  • 長期国債先物3月物の終値は30銭安い151円12銭。序盤から売りが先行し、午後に入ってさらに水準を切り下げ、151円12銭で安値引けした

  SMBC日興証券の奥村任金利ストラテジストは「FOMC議事要旨を受けて米長期金利上昇に対する警戒感が強まった」と指摘。日銀がこの日行った国債買い入れオペが全体として弱めの結果となったことも、午後から追加的な「売り圧力の強さにつながった」と語る。

●ドル・円が115円後半に反落、株安で円買い圧力-米早期引き締め観測

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は反落。前日公表の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて米早期金融引き締めの可能性が意識される中、株価の下落を背景にクロス円(ドル以外の通貨の対円相場)中心に円買いが強まった。一方、米金利の上昇やリスク回避に伴うドル買い圧力もかかり、1ドル=115円台後半では下げ渋った。

 
  • ドル・円は午後3時4分現在、前日比0.2%安の115円86銭。116円18銭を高値に一時115円82銭まで下落
  • 円は主要10通貨に対して全面高。ドルも円以外の通貨に対しては買い優勢

しんきんアセットマネジメント投信の加藤純チーフマーケットアナリスト

  • 思ったより早い利上げ観測を受けて株などの資産市場の調整が長引けば、米金利は上がってもドル・円が117円突破で118円を伺うところまではいかないだろう
  • 一方、ドル・円の下は非常に堅い。115円半ばは今までのレジスタンスなので、下押ししたら買いたい人が多いだろう
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE