コンテンツにスキップする

アマゾンとステランティス、配送用EVで協力-リビアン株急落

更新日時
A Rivian R1T electric pickup truck during the company's IPO outside the Nasdaq MarketSite in New York, U.S., on Wednesday, Nov. 10, 2021.

A Rivian R1T electric pickup truck during the company's IPO outside the Nasdaq MarketSite in New York, U.S., on Wednesday, Nov. 10, 2021.

Photographer: Bing Guan/Bloomberg

アマゾン・ドット・コムは欧州の自動車メーカー、ステランティスとソフトウエア開発で協力し、配送用の新たな電動バンを購入することに合意した。アマゾン向けの電気自動車(EV)生産を同様に手がけるリビアン・オートモーティブにとっては、競争が生じることになる。

  5日の共同声明によると、ステランティスはアマゾンのクラウドサービスを利用し、デジタル技術で協力する。アマゾンはまた、配送用電動車両として新型の「ラム・プロマスター」を2023年に法人顧客ではいち早く引き渡しを受ける。

  アマゾンとの合意の規模は公表されていないが、ステンランティスのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は「かなりの数」の受注だと述べた。

  発表は米ラスベガスで開かれているテクノロジー見本市「CES2022」のさなかに行われた。ステランティスは先月、車両に搭載されるソフトウエアなどの装置や機能で2030年までに約200億ユーロ(約2兆6300億円)の追加収入を生み出す計画を打ち出した。

  同社はアマゾンのほか、24年までに新たなテクノロジープラットフォームを3つ開発するため鴻海精密工業やアルファベットの自動運転車部門ウェイモ、BMWともすでに協力関係を結んでいる。

リビアンは株価急落

  リビアン・オートモーティブの株価は一時10%安と急落。同社の大株主で顧客でもあるアマゾンの動きが、リビアンにとって脅威となると受け止められた。

  アマゾンは電子メールで、リビアンとの協力に変化はないと説明した。

リビアン株急落、アマゾンが配送用バンの購入でステランティスと合意

原題:

Amazon, Stellantis Team Up on Software, Delivery Vehicles (1)(抜粋)

Rivian Tumbles After Amazon Agrees to E-Van Deal With Stellantis(抜粋)

*AMAZON: NO CHANGE TO RIVIAN COLLABORATION AFTER STELLANTIS DEAL、*AMAZON COMMENTS IN EMAILED STATEMENT

(詳細を加え、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE