コンテンツにスキップする

カザフスタンで抗議デモが暴徒化、燃料高騰への反発が全国規模に発展

  • デモ隊は市庁舎を襲撃、大統領公邸の占拠試みる-インタファクス
  • トカエフ大統領、内閣総辞職を受け入れ-非常事態を宣言
Kazakhstan's Senate chairman Kassym-Jomart Tokayev takes the oath as Kazakh interim president during a ceremony in Astana on March 20, 2019. (Photo by STR / AFP)        (Photo credit should read STR/AFP/Getty Images)
Kazakhstan's Senate chairman Kassym-Jomart Tokayev takes the oath as Kazakh interim president during a ceremony in Astana on March 20, 2019. (Photo by STR / AFP) (Photo credit should read STR/AFP/Getty Images) Photographer: STR/AFP

カザフスタンで先週末に始まったデモは5日、暴徒化し、燃料価格の高騰に対する怒りは政治の停滞や景気の低迷に対する幅広い不満へと発展。同国にとって最大の貿易相手国で友好国でもあるロシアで警戒が強まっている。

  カザフスタンの西部で発生したデモは急速に拡大し、同国のナザルバエフ初代大統領が2019年にトカエフ現大統領に権力を委譲して以来の最大規模となった。

  デモ隊は市庁舎を襲撃。同国最大の都市アルマトイにある大統領公邸の占拠も試みた。いずれの場所でも火が上がっていると、インタファクス通信は伝えた。30年にわたって同国の政治に強い影響力を及ぼしてきたナザルバエフ氏に、権限放棄を求めるデモ参加者もいた。

  中央アジアを専門とするモスクワ在勤の政治アナリスト、アルカディー・デュブノフ氏は「最も重要なのは寡頭制への反対姿勢だ。若者は中央勢力と決別し、『老人は去れ』と呼びかけている」と述べた。

relates to カザフスタンで抗議デモが暴徒化、燃料高騰への反発が全国規模に発展
デモで市役所から出火、カザフスタンのアルマトイで1月5日
Source: AP

  トカエフ大統領は向こう6カ月間にわたってガソリン価格に上限を設定したほか、内閣総辞職を受け入れ、デモ隊の懐柔を試みた。

Tokayev GETTY sub
カザフスタンのトカエフ大統領
Source: AFP

  一方でトカエフ氏はアルマトイとその周辺、首都ヌルスルタン、原油資源に恵まれたマンギスタウ地域の非常事態も宣言。これにより、同氏は外出禁止やデモ禁止、インターネットへのアクセス制限の措置を課すことが可能になる。カザフスタンは中央アジア最大の産油国。

原題:

Kazakh Protests Turn Violent as Unrest Spreads Nationwide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE