コンテンツにスキップする

ECB、インフレ見通しが上昇すれば行動に出る-カザークス氏

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、ラトビア銀行(中銀)のカザークス総裁はインフレ見通しが強まればECBが行動に出る用意があることに、誰も疑いの目を向けるべきではないと述べた。

  サプライチェーンの目詰まりが解消しエネルギー価格の上昇も落ち着けば、インフレ率は目標の2%を下回る水準へ低下するとECBは予測するが、新型コロナウイルスの脅威や経済見通しの不確実性が高まる中で警戒を怠ってはならないとカザークス氏は述べた。

  同氏は4日のインタビューで、「利上げをしないとか、必要であれば支援策は打ち切らないなどという見方は間違っている」と述べ、「当然のことながら、われわれは責務を果たす」と言明した。適応力の必要性について、同氏は「柔軟性が重要だ」と話した。

Inflation Outlook

ECB staff projections see consumer prices rising annual 3.2% in 2022

Source: Eurostat, ECB

 

 

 

原題:ECB Will Take Action If Inflation Outlook Picks Up, Kazaks Says

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE