コンテンツにスキップする

S&P500種は10%調整へ、夏までに-ウェルズFのハービー氏

Traders work on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York,U.S., on Friday, Nov. 23, 2018.

Traders work on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York,U.S., on Friday, Nov. 23, 2018.

Photographer: Griselda San Martin/Bloomberg

S&P500種株価指数は夏までに10%調整すると、ウェルズ・ファーゴのストラテジスト、クリストファー・P・ハービー氏が予測した。

  同氏はリポートで「不安定を増した株式市場では下落がより頻繁に起こるだろう」とし、「最終的には、曲がっても折れはしないという市場のメンタリティーは2022年に投資家を裏切るだろう」と予想した。

  S&P500種は2020年に27%上昇し過去最高値付近にあるが、米連邦準備制度は景気刺激にブレーキをかけようとしている。景気回復がピークに達したとの懸念が強まる中で、 ゴールドマン・サックス・グループとブラックロック・インベストメント・インスティチュートのストラテジストらはリターン低下を予想。JPモルガン・チェースは米国株が停滞する可能性に言及した。

Largest U.S. stocks almost as expensive as during dot-com bubble
 
 

  ウェルズ・ファーゴのストラテジストらは2022年の予測で、「成長減速とタカ派的な米金融当局」などが強気派を悩ませるとの見方を示し、「価格設定能力が弱まりマージンはピークを付け、労働市場はさらに『売り手市場』となり、消費者需要は通常に戻る」と予想した。

  ただ、調整は短期にとどまり年終盤にはS&P500種が盛り返すとウェルズ・ファーゴは見込んでいる。

 

原題:

Wells Fargo Strategists See 10% S&P 500 Correction by Summer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE