コンテンツにスキップする

BNPなど欧州銀の株主還元が過去最高に、今後数カ月で278億ユーロ

  • 景気見通しが不透明な中、銀行は配当引き上げへ-株価守るため
  • 市場は今回が一度限りで、銀行の環境はなお複雑と理解-ボシェ氏

BNPパリバやウニクレディトなど欧州の大手銀行が今後数カ月間に行う株主還元の規模は過去最高となる見通しだ。収入の伸びや経済見通しが不透明な中で、各行は株価を支えたい考えだ。

  ブルームバーグの算出によれば、上場するユーロ圏の大手銀行のうち9行は今後数カ月に配当および自社株買いで合計約278億ユーロ(約3兆6400億円)を費やす計画だ。これは2008年の金融危機前のピークを上回る規模。

  欧州銀行株の投資リターンは長期にわたって低迷を続け、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のさなかには当局が株主還元を制限した。苦渋を味わわされた投資家には思いがけない利益となりそうだが、マイナス金利が利益を圧迫し、中核事業での収入拡大が見通しづらい銀行にとっては、次の配当の準備は簡単ではない。

  フィデリティー・インターナショナルの株式担当最高投資責任者(CIO)、ロマン・ボシェ氏は「市場は今回の支払いが一度限りで、銀行の環境は依然として非常に複雑であることを理解している」と述べ、「ウニクレディトやBNPは自行の株価を守ろうとし、下値を築いている」と指摘した。

 

Buyback Boost

Several European banks are rewarding investors by repurchasing stock

Source: Respective payout policies, analyst estimates compiled by Bloomberg

Note: Credit Agricole excluded because of shareholder structure

原題:UniCredit, BNP Lead EU Banks Planning Record $31 Billion Payout(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE