コンテンツにスキップする

香港が米英8カ国から乗り入れ停止へ、バーやジムも閉鎖-変異株対応

  • 豪州やカナダ、フランスからの航空便も8日から2週間にわたり停止
  • オミクロンが市中に入り込み、冬場に感染拡大の恐れ-対応迫られる

香港当局は厳格な新型コロナウイルス対策を約1年ぶりに講じる。感染力が強いとされるオミクロン変異株が市中に入り込み、冬場に感染が拡大する恐れもある。

  林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は5日の記者会見で、午後6時からの店内飲食を7日から禁止するとともに、バーやジムなど一部施設の休業や大規模イベントの中止に踏み切ると説明。香港はコロナ感染が落ち着いてきた昨年の春節(旧正月)後に緩和したソーシャルディスタンスの制限措置に逆戻りすることになる。

  また、林鄭長官はオミクロン株の感染拡大が深刻な米国と英国、オーストラリア、カナダ、フランス、インド、パキスタン、フィリピン8カ国からの全ての航空便の乗り入れも8日から2週間にわたり停止すると表明した。

【新型コロナ】香港で3カ月ぶりに経路不明感染、オミクロンとの推測

Flaring Up

Omicron upends Hong Kong's virus-free streak in the community

Source: Centre for Health Protection

原題:Hong Kong Shortens Dining-In, Bans Flights as Omicron Emerges、*H.K. TO SUSPEND FLIGHTS FROM 8 COUNTRIES FOR 14 DAYS FROM JAN.8(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE