コンテンツにスキップする

ウィル・スミス夫妻の制作会社、ディズニー元幹部が出資-少数株取得

  • メイヤー氏とスタッグス氏が株式10%強に約6000万ドルを投じる
  • ネット上で存在感が大きい有望な娯楽企業への投資を両氏は目指す

ウォルト・ディズニー元幹部のケビン・メイヤー、トム・スタッグス両氏は、ハリウッドのパワーカップル、ウィル・スミス氏と妻のジェイダ・ピンケット・スミス氏が設立した娯楽企業ウェストブルックの少数株式を取得した。

  メイヤー氏とスタッグス氏が率いるキャンドル・メディアは、ウェストブルックの株式10%強に約6000万ドル(約70億円)を投じる。非公開情報を理由に事情に詳しい関係者が匿名を条件に明らかにした。

  2年余り前に設立されたウェストブルックは、アカデミー賞候補になりそうな「ドリームプラン」や、「ディズニー+(プラス)」で配信され、自然がテーマのシリーズ「ウェルカム・トゥ・アース あなたの知らない地球」など、映画やテレビ番組を制作。フェイスブックで配信のピンケット・スミス氏のトークショー「レッド・テーブル・トーク」も手掛ける。

  メイヤー、スタッグス両氏は、米投資会社ブラックストーンから資金を得て、ネット上で存在感が大きく、クリエーティブな幹部を擁する有望な娯楽企業への投資を目指している。

  両氏は、女優リース・ウィザースプーン氏が設立した制作会社ハロー・サンシャインのほか、「ユーチューブ」の子供向け人気チャンネル「ココメロン」と「ブリッピ」制作を手掛けるムーンバグ・エンターテインメント買収でもブラックストーンと手を組んだ。

「ココメロン」制作会社、自社売却で合意-ブラックストーンが支援

原題:

Ex-Disney Duo Buy Stake in Will and Jada Smith’s Company (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE