コンテンツにスキップする

チャイナモバイルが上海上場、一時10%高-米制裁でNY市場から撤退

  • 約1兆200億円規模の上海上場に-中国でここ10年余りで最大
  • トランプ前政権がチャイナモバイルなどに対し投資禁止措置を講じた

売上高で中国最大の移動通信事業者、チャイナモバイル(中国移動)が5日、上海市場に上場し、株価は一時10%高となった。

  チャイナモバイルはニューヨーク証券取引所に上場していたが、同証取が約1年前に同社およびチャイナテレコム(中国電信)、チャイナユニコム(中国聯通)香港の上場廃止を決定。当時のトランプ政権が中国国有の3社に投資禁止措置を講じていた。

  チャイナモバイルは上海証券取引所への上場に際し公開価格を57.58元に設定。オーバーアロットメント(株式の追加割り当て)のオプション行使後で、総額560億元(約1兆200億円)規模の上場と見込まれ、中国本土ではここ10年余りで最大となる。同社は香港にも上場している。

Amid Giants

China Mobile's listing is among the biggest in China on record

Source: Bloomberg

原題:China Mobile Shares Jump In First Day of Trade in Shanghai(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE