コンテンツにスキップする

日豪首脳、歴史的条約調印へ-防衛・安全保障協力を一段と強化

更新日時
岸田首相

岸田首相

Photographer: Yoshikazu Tsuno/Gamma-Rapho

オーストラリアと日本は6日のオンライン首脳会談で、防衛と安全保障の協力を一段と強化する「歴史的な」条約に調印する。モリソン豪首相が声明を出した。

  モリソン首相は円滑化協定(RAA)締結について、豪州軍と日本の自衛隊の間でのより幅広く複雑な実務的取り組みを支え、相互運用と協力の強化に向けた明確な枠組みを与えるものだと説明。

  協力にはインドと米国を加えた4カ国の枠組み「クアッド」向けの課題拡大や、二酸化炭素(CO2)排出削減を目的とする技術主導型アプローチの共有が含まれるとも付け加えた。

  松野博一官房長官は記者会見で、日豪両国は自由と民主主義という基本的価値を共有していると語り、日豪首脳のテレビ会談が6日に行われると発表した。

  中国外務省の汪文斌報道官は北京で5日開いた定例記者会見で、国家間の取り決めは平和を推進すべきであり「第3者を標的にしてはならない」と述べた。

原題:Japan, Australia to Sign Defense Pact That Might Irk China (2) (抜粋)

(4、5段落目に松野官房長官と中国外務省報道官の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE