コンテンツにスキップする

日本株は続伸、経済回復や円安で業績期待-景気敏感や大型株が主導

更新日時

東京株式相場は続伸。世界的な経済回復を映した米金利上昇や商品市況高を背景に景気敏感株や大型株が上げを主導した。外国為替市場での円安から、業績期待が高まったトヨタ自動車など自動車株に買いが入り、鉄鋼など素材株が高い。石油・石炭製品や非鉄金属など商品市況関連、保険や銀行といった金融株も上昇した。

  • TOPIXの終値は前日比9.05ポイント(0.4%)高の2039.27
  • 日経平均株価は30円37銭(0.1%)高の2万9332円16銭
続伸
 
 

市場関係者の見方

水戸証券投資顧問部の酒井一チーフファンドマネジャー

  • 経済は正常化へと向かっているため買い安心感が広がった。新型コロナウイルスのオミクロン株は感染が拡大しても症状は軽く、ロックダウンなどの措置も取られないことから長い目でみるとコロナの悪影響は克服できるとの見方が強まっている
  • 景気回復により世界経済に敏感なセクターに買いが入った。米金利上昇局面では相対的に日本株の値動きが堅調になるとの経験則がある
  • 年明けから海外勢の新たな資金が日本株に入り、指数連動の運用よりも大型など銘柄を選別して買っている印象。大型株の活況は小型株から資金が抜ける要因ともなっている

東証33業種

上昇率上位保険、非鉄金属、輸送用機器、ゴム製品、鉄鋼、銀行、不動産
下落率上位精密機器、サービス、医薬品、情報・通信、小売

背景

  • 米ダウ工業株30種平均は0.6%高で最高値更新-ナスダック総合指数は1.3%安
    • 米10年債利回りは1.65%と2ベーシスポイント上昇
  • ニューヨーク原油先物は1.2%高の1バレル=76.99ドルと続伸-OPECプラスは2月の日量40万バレル生産引き上げで合意
  • きょうのドル・円相場は1ドル=116円台前半で推移、前日の日本株終値時点は115円75銭
  • 備考:日本株の大型銘柄へ資金集中、コア30は22年の高値一番乗り-チャート
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE