コンテンツにスキップする

米長期債利回り上昇、国債売り続く-社債発行ラッシュで

更新日時
  • 前日は2009年以来最悪のスタートを切っていた
  • 「市場の予想を上回る新規発行」と市場関係者
The U.S. Treasury building in Washington, D.C., U.S., on Sunday, Dec. 19, 2021. 

The U.S. Treasury building in Washington, D.C., U.S., on Sunday, Dec. 19, 2021. 

Photographer: Samuel Corum/Bloomberg

4日の米国債市場では前日に続いて利回りが上昇した。米金融当局が今年5月から少なくとも3回の利上げを行うとの見方が背景にある。

  長めの年限の利回りが最も大きく上昇。社債発行が昨年末に3週間にわたり小休止状態が続いた後、2日連続で発行ラッシュとなったためだとトレーダーはみている。5年債利回りは一時4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して1.395%と、2020年2月以来の高水準となった後、1.38%前後で推移している。

  10年債と30年債の利回りはいずれも上昇。この日は14社が投資適格級債券を発行。前日の発行件数は7件だった。

  ミシュラー・ファイナンシャル・グループのマネジングディレクター、トニー・ファレン氏は「市場の予想を上回る新規発行だ」とした上で、インフレ高止まりと最近見られた連邦準備制度のタカ派転換が利回りの上押し圧力になっているものの、こうした要因は市場にとって目新しいものではないと指摘した。

  30年債利回りは一時7.7bp上昇し2.10%と昨年10月25日以来の水準となり、この時以来初めて200日移動平均線を上回った。超長期債先物の大規模なブロック取引がこうした動きを後押ししているようだ。

  利回り曲線はスティープ化し、2年債に対する10年債の上乗せ利回りは90bp余り、5年債に対する30年債の上乗せ利回りは70bp超と、それぞれこの1カ月余りの最大に拡大した。

米10年債利回り1.6%台に急伸、年初では09年以来最悪のスタート (1)

U.S. five-year rates hit highest since February 2020
5年債利回り
出所:ブルームバーグ

原題:Treasury Selloff Lifts Long-Dated Yields for Second Straight Day(抜粋)

U.S. Five-Year Yield Highest Since February 2020 in Bond Selloff(抜粋)

(最新情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE