コンテンツにスキップする

クレディS、NYで恒久的に69人削減-撤退のプライム8月までに廃止

  • 人員削減は3月に実施しプライムサービス部門は8月1日までに廃止
  • アルケゴス破綻に伴う損失受けプライム業務の大部分から撤退する

スイスの銀行クレディ・スイス・グループは、ヘッジファンドとファミリーオフィス顧客向けプライムサービス部門の段階的廃止に伴い、ニューヨーク市の拠点で69人を恒久的に減らす。

  ニューヨーク州労働局への届け出によれば、人員削減は3月6日付で実施し、NY市のプライムサービス部門は8月1日までに廃止する。

  クレディ・スイスは、ビル・フアン氏のファミリーオフィス、アルケゴス・キャピタル・マネジメントのポジション破綻で巨額の損失を被ったことを受け、プライムブローカレッジ業務の大部分から撤退すると昨年発表した。

  アントニオ・ホルタオソリオ会長は、失敗を招いた部門を整理すると同時にウェルスマネジメント(富裕層向け資産運用)に人的資源をシフトさせる方針だ。

原題:Credit Suisse to Cut 69 N.Y. Staff Amid Prime-Services Exit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE