コンテンツにスキップする

「スパイダーマン」最新作、3週連続首位-週末の北米映画興収

  • 昨年12月31日からの週末の北米興収は推計5270万ドル-ソニー
  • 「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は21年最大のヒット作

週末の北米映画興行収入ランキングで、人気スーパーヒーロー映画シリーズ最新作「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が3週連続首位となった。

  ソニーグループの2日発表によると、米ウォルト・ディズニー傘下のマーベル部門と共同で製作された同作品は昨年12月31日からの週末に推計5270万ドル(約60億8000万円)を稼いだ。ボックスオフィス・プロの予想は5250万ドルだった。

  調査会社コムスコアの推計によると、2021年通年の北米興収は約45億ドルと、新型コロナウイルス禍に見舞われた20年の22億8000万ドルからは大幅に増えたものの、例年の110億ドル強にははるかに及ばない。

relates to 「スパイダーマン」最新作、3週連続首位-週末の北米映画興収
「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」
 
Top 10 Films
 
 

  「スパイダーマン」の世界興収は公開2週目に10億ドルを突破し、21年最大のヒット作となった。

Top 10 Film Grosses
 
 

原題:‘Spider-Man’ Closes Theaters’ Tough 2021 as No. 1 for Third Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE