コンテンツにスキップする

米大統領はジェファーソン氏をFRB理事に指名の見通し-関係者

更新日時
  • 就任すれば連邦準備制度100年余りの歴史で4人目の黒人理事
  • 調査アシスタントやエコノミストとしてFRBで2度の勤務歴

バイデン米大統領はエコノミストのフィリップ・ジェファーソン氏を連邦準備制度理事会(FRB)理事に指名する見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同氏が実際に指名され、上院で承認されて就任すれば、連邦準備制度の100年余りの歴史で4人目の黒人FRB理事となる。

  バージニア大学で経済学博士号を取得したジェファーソン氏は現在、ノースカロライナ州にあるデービッドソン大学の経済学教授などを務める。同氏は1983-85年に財政分析セクションの調査アシスタント、96-97年には金融部門のエコノミストとしてFRBで2度の勤務歴がある。

relates to 米大統領はジェファーソン氏をFRB理事に指名の見通し-関係者
フィリップ・ジェファーソン氏
 

  ジェファーソン氏にコメントを要請したが返答はない。ホワイトハウスのコミュニケーション担当者はコメントを控えた。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は先にホワイトハウスが同氏の指名を検討中だと報じていた。

  パウエルFRB議長の再任とブレイナードFRB理事の副議長指名を先に発表したバイデン大統領は、副議長(銀行監督担当)を含めこのほか3人のFRB理事ポストについて、指名することとなっている。

  連邦準備制度は特に上層部の多様性に乏しいと批判を浴びている。1913年の創設以降、歴代のFRB理事のうち黒人は3人だけでいずれも男性。女性は10人でいずれも白人。パウエル議長率いるFRBの現在の構成は女性2人を含め全員が白人だ。

  ジェファーソン氏は貧困に関する書籍や論文の執筆・編集を手掛け、授業では格差の問題に重点を置いている。コロンビア大やバージニア大、ペンシルベニア州にあるスワースモア大で教えたほか、カリフォルニア大バークレー校の客員アシスタント調査エコノミストを務めた経歴がある。

原題:

White House Likely to Nominate Philip Jefferson for Fed Seat(抜粋)

(背景や経歴を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE