コンテンツにスキップする

トヨタが独自の車載用基盤ソフトを実用化へ、外販も-報道

トヨタ自動車は2025年にも、次世代車の加速や安全制御機能などを一括で動かす頭脳にあたる基本的な車載ソフトウエアを実用化すると、日本経済新聞が報じた。

  自社製の車両に搭載するだけでなく、他の自動車メーカーにも販売するという。

  トヨタが開発を進めるのは「アリーン」と呼ぶ車載用の基盤ソフトで、子会社のウーブン・プラネット・ホールディングスが主に開発を手掛けるとしている。

トヨタの「ソフトウエアファースト」率いるカフナー氏、高まる存在感

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE