コンテンツにスキップする

アリババ株下落続くサインか、一部投資家がADRを香港上場株に転換

Workers clean the glass facade at the Alibaba Group Holding Ltd. headquarters in Hangzhou, China, on Wednesday, Jan. 20, 2021. 

Workers clean the glass facade at the Alibaba Group Holding Ltd. headquarters in Hangzhou, China, on Wednesday, Jan. 20, 2021. 

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

香港株式市場で3日、中国の電子商取引大手アリババグループの株価が下落。この3週間余りで最大の下げとなった。一部の投資家がアリババの米国預託証券(ADR)を香港上場株に転換した後に持ち分を減らす可能性があるとの懸念が広がった。

  アリババ株は香港市場で前営業日比3.3%下げて引けた。香港上場株に転換された同社ADRの数が先週、急増したことがデータで示された。

  UOBケイ・ヒアン(香港)のエグゼクティブディレクター、スティーブン・レオン氏はこの動きについて、一部の投資家がアリババ株の持ち分を近く削減することを示唆している可能性があると指摘した。

  ブルームバーグの計算によると、昨年9月に同様の持ち株転換があった際、アリババ株はその後の10営業日で13%近く下落した。昨年3月と6月に同じ動きがあった後も下げている。

Alibaba holders converted large amount of U.S. shares into H.K. ones
香港市場でのアリババ株価推移
出所:ブルームバーグ

原題:Alibaba Drops Amid Signal Some Investors May Be Poised to Sell(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE